今の品川高級デリヘルでは考えられない「立ちんぼ」について少し調べてみました

「たちんぼ」という言葉が差別用語になるのか否かは難しいところですが、一昔前までは「たちんぼ」といえば直取りの売春婦を指していました。

ホテル街の中や入り口、その他「ここにいけば出会える」という場所が盛り場の一角にありました。ソープランドやヘルスなどは営業側の儲けも取るので高くなりがちですが、直取りのたちんぼの場合には、かなり安価で遊べたわけです。

旬が過ぎて店舗で雇い入れられなくなってしまった人が多く流れたため、「安かろう悪かろう」という認識を持たれつつ、それがいいという「たちんぼファン」も多く存在していました。

今でもそうでしょう。個人で行っている事が前提ですので、風俗営業法や風適法は適用されません。風俗営業法で捕まるというよりは、売春防止法で摘発されるということになります。

店舗があったり誰かの管理下といったように、組織立てて性的なサービスを行っているわけではありません。であれば風俗営業法や風適法は介入できません。

スマホと女性

出来るとすれば売春防止法だけです。とはいえ個人が路上でばったり出会い、そこで一気に恋に落ちてセックスに至る。帰りが大変だろうからとタクシー代を渡す。

こういった流れであれば売春ではありませんよね。そのため囮捜査が行われます。囮捜査は日本において「通常の捜査方法では摘発が困難である場合」などに限られていますし、最高裁が「麻薬捜査や銃刀法違反捜査などに限る」と判決を下していますのでなかなか難しいところではありますが、売春については通常の捜査では摘発が困難であるということで使われているようです。

路上で誘われホテルに入る。本番がしたいからお金を払うということをはっきりさせ、相手が承諾してお金を受け取った時点で逮捕となります。

「セックスの対価としてお金の授受があった」ということを明確にしています。個人が行う売春の摘発としては、これが限界でしょう。

売春を取り締まるときには、その地域の治安や秩序を守るためという前提がありますので、かなり強引であると考えられます。

これが一種警告となればという程度と考えられます。じじつ摘発されたときには、一時的にでも勢いはなくなります。「調子にのるなよ」といわれたようなものです。

ただし実際は縄張りもあり、監理をして上がりを徴収しているものもいます。暴力団の資金源にもなっています。売春で捕まると、監理売春ではないのかというところが深く追求されます。